親族や少人数で行う葬儀

葬儀で必ず持っていく香典を入れている不祝儀袋ですが、初めて葬儀に参列する人であれば書き方がわからずに困る人もたくさんいます。

葬儀で持参する不祝儀袋のマナー

親族や少人数で行う葬儀 葬儀で必ず持っていく香典を入れている不祝儀袋ですが、初めて葬儀に参列する人であれば書き方がわからずに困る人もたくさんいます。基本的には、薄墨で書きますが筆ペンを利用しても失礼ではありません。宗教によっても不祝儀袋の酒類が変わってきますが、一般的な不祝儀袋の書き方としては、下段に会葬者のフルネームを書き入れます。もし、夫婦どちらかが欠席する場合は左下に「内」という文字を小さく書き添えるようにしてください。夫婦揃って参列する場合は、夫の名前だけでも連名でもどちらでも良いです。親交の深さによって決めるようにしてください。

また、会社の社長名で香典を出す際には、きちんと会社名、役職や部署名、社長の名前をフルネームで書くようにしてください。もし、会社名などが長くて一行でおさまらない場合は行を分けて書いてもよいです。しかし、氏名は必ず中央にくるようにします。お札に向きを揃えて、お札の表側が中袋の内側になるように入れます。その際、新札を入れないように注意してください。万一、新札しか用意できなければ、新たな折り目をつけてから包むようにします。香典というのは必ず当日に渡さなくてはいけないものではないので参列できない場合は後になってから直接持参しても全く失礼ではありません。

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.