親族や少人数で行う葬儀

都市部においては、自宅以外の場所、病院や老人ホームで亡くなった場合、葬儀の際に自宅に連れて帰るのは困難なことが多いようです。

葬儀の話題におけるコミュニケーションの重要性

親族や少人数で行う葬儀 都市部においては、自宅以外の場所、病院や老人ホームで亡くなった場合、葬儀の際に自宅に連れて帰るのは困難なことが多いようです。人口が過密であるために、マンションやアパートなどでは部屋の狭さなど住宅事情の関係から自宅で葬儀が行えない場合が多くあります。そのため、安置室が設けられている斎場を選択しなければならないということも少なくありません。最近では、個室タイプの安置室を特色としている斎場もあるので、最後の時間を故人とともにゆっくり過ごせるとして、希望する人が増えてきています。また、この個室タイプの安置室は、まるで自宅にいるような雰囲気を生み出してくれるものもあります。残された人たちの気持ちを慰めるための選択肢のひとつとなり得るでしょう。

日本人の寿命が延びてきているとはいえ、別れの時は必ずやってきてしまいます。そのため旅立つ側も含めて、できるだけ多くコミュニケーションをとっておく必要があります。もしも、生前故人からの明確な葬儀に対する意思表示がなかったとしても、いろいろな話をしておけば、自然と故人にふさわしい葬儀を行うことができるはずです。何よりそうして顔と顔とを突き合わせて話をすることは、故人との良き記憶となります。そのため、葬儀の話でなくても家族の間においては普段からコミュニケーションを絶やさないようにすることが大切だといえるかもしれません。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.