親族や少人数で行う葬儀

葬儀というのはデリケートな話題です。

特定の宗教の方式で行わない無宗教葬という葬儀

親族や少人数で行う葬儀 葬儀というのはデリケートな話題です。葬儀には少なからず宗教的な事柄も関係してきてしまうので、よけいに他人と意見交換をするというのは難しい状況であるといえます。しかし、現代の一般的な葬儀の形態というのは、わずか100年程度の歴史しかないそうです。これは、葬儀の後の埋葬、つまりお墓も同じであるといわれています。そのため、もっと自由に柔軟な発想で葬儀を行っても良いのではないかというのが、現代人に多く共通の考えとなってきています。故人のことを悼んだり、偲んだりといった心理的な状態というのは、葬儀の形式や規模で測ることができるものではありません。

本当に悼み悲しむということはどういうことなのか、またその気持ちを葬儀という形に表すということはどういうことなのか、ということを多くの人たちが従来の方法にそってではなく、自分たち自身で考えるようになっています。その結果、無宗教葬という葬儀が徐々に注目され始めています。無宗教葬は自由葬とも呼ばれています。これは宗教を否定するものではなく、特定の宗教や宗派の方式で行わない葬儀のことです。形態にとらわれることなく、故人を偲びたいという人や、ゆっくりとお別れをしたいという人の気持ちをくんだ新しい葬儀の形態であるともいえるでしょう。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.