親族や少人数で行う葬儀

葬儀を行うためにはお葬式業者に依頼して業者が用意しているプランのどれかを選んで、それを基準にお通夜と告別式を行います。

葬儀で用意されてるプランは最低基準の設定

親族や少人数で行う葬儀 葬儀を行うためにはお葬式業者に依頼して業者が用意しているプランのどれかを選んで、それを基準にお通夜と告別式を行います。最近ではお金のない人あるいは故人の意思によりさらに極限まで簡素化された、それらの儀式を行わずしていきなり火葬場搬送で火葬されるプランも一部の業者では用意されています。だが多くのプランで設定されているそれらは一応の最低基準であることを頭に入れておかねばなりません。

というのは会場の祭壇に飾られるそれらはもっともらしく見えてこれ以上オプションで用意するものなどないと感じるかもしれません。しかし家族葬が普及してきてる現在でも現実はその周囲に親族たちの名前入りの花輪とかを飾る習慣がいくらか残ってます。その花輪とか果物類を追加するための費用を計算に入れておかないとなりません。さらに返礼品や食事代の計算も入れておかねばなりません。これは参加者の数次第で費用が変わります。食事はおおよそ1人5000円前後が相場となります。また霊柩車の費用、そして火葬場職員へのチップに相当する心づけ代、火葬場使用料金、住職さんへの依頼費用も追加されます。これらは地域によって大幅に変動されます。そうなるとプランでは50万で済んでるところ、トータルでは200から250万円くらいになってるということにもなりますのでよく注意したうえで考えなければなりません。

おすすめ

Copyright (C)2019親族や少人数で行う葬儀.All rights reserved.